お問い合わせ

【設計部門】ものづくりの根幹を担う

温暖化や環境問題に水処理を通じて貢献する水ingの魅力

設計・技術統括 資源化技術部 若菜 (わかな)

プロフィール
【役職】課長 【入社年】 1993年 【専攻】 土木環境工学
【キャリアパス】
1993年 入社、設計部門。し尿処理施設の設計担当 
1999年 浸出水処理施設の設計担当。国内PFI第1号案件の設計などを担当
2003年 し尿処理向け軸摺動式スクリュープレス脱水機の市場投入1号機を担当
2010年 下水の実施設計担当
2012年 し尿処理施設と浸出水処理の設計担当。
2013年 責任者に就任

設計・技術統括 資源化技術部 若菜 (わかな)

サッカー監督のようにチームメンバーの能力をどう発揮させるか、奮闘の日々

「環境問題や地球温暖化防止に水処理を通じて貢献する。ここに水ingの魅力を感じています。そして水処理に係る幅広い多くの技術と、現場というフィールドが直結し多くの情報を持っていること。この点が水ingの強みの一つと考えています。設計から現場へ、現場から設計へこうしたパス交換を、EPCからオペレーション&メンテナンス、薬品に至るまで関連する部署が今よりもっとオール水ingの意識を持って連動し、実践したら、この強みを最大限に生かすことができる。考えるだけでワクワクするんです。」当社が持つ総合力をそう評価するのは、資源化技術室でグループ長として活躍する若菜だ。

若菜が所属する資源化技術室では、人間活動の中で人間が排出するし尿や浄化槽汚泥、ゴミの埋立最終処分場から出る浸出水などを浄化するプラントの設計やサポートを行っている。汚泥、汚水を浄化して自然界へ戻すのはもちろんのこと、リン回収、助燃剤、エコ次亜など資源として再利用する技術にも挑戦している。ゼロから始まる新施設のプラント設計、老朽化した施設に最新の技術を導入してCO2発生抑制を実践する施設へリニューアルする設計、既存施設への技術サポートや新技術開発、また客先への技術提案など、幅広い知識や経験に基づいた柔軟性とプロジェクトマネージャー的な役割が日々試されている。最近では総合評価によるDB(提案型)案件の取組も多く、技術力に加え、それを表現する能力も重要な資質の一つになっている。そして実施、計画、開発、管理、営業や現場のサポートなど、多様な業務に取り組む11人のメンバーが活躍する場を整えることが現在のグループ長としての主な業務だ。
資源化技術室の仕事は水ingの中でも、特に多様性に富んでる。だからこそ柔軟な姿勢、常識を大事にしつつもそれにとらわれない大胆で自由な発想、そして何よりそれらを実践する行動力が不可欠だ。一方で、一人前になるにはある程度の経験と時間が不可欠で、知識・経験・人脈、など幅の広さが必要となる。メンバーの育成を念頭に個性を生かしながらバランスを整えて、直面する業務でどう力を発揮してもらうか、現在から将来を予測してメンバーの個性に応じた対応をしなければならない。こうしたマネージャー業務をしていると時々サッカーや野球の監督の気分になることがあると言う。

課題に直面したときは、原点に立ち戻ってピンチを切り抜ける

自身が設計を手がけた軸摺動式スクリュープレス脱水機

「ありがたい事に1号案件を担当する機会が多く、これまで様々な案件を担当してきた。」という若菜。特に印象に残っているのは当社のし尿処理の核となる技術へ成長した『軸摺動式スクリュープレス脱水機』の1号機納入だ。それまで開発に携わってきたスタッフからの貴重な情報を元に動かしてみたが、運転開始から数時間経つと良く絞れているけど機械が詰まって運転できなくなる。当初は機械を運転する、詰まる、半日かけて洗うの繰り返しだった。こうして、いたずらに性能試験の日が近づく中、頭の中は諦めモードが徐々に支配していく。「常識は過去のもの、逆転の発想はないか?」そんな中ひらめいたのは、パートナーのスタッフと開き直って話をしていたときだ。機械が詰まる直前は良く絞れている。セオリーとは違う方法で運転してみよう。慌ててメモを取り、完全手動制御による運転で性能通りの運転をする事ができたのは、性能試験の前日。無事ピンチを乗り切ることが出来た。以来、課題に直面したときは、落ち着いて原点に戻ること、違う発想はないか、と意識するように心がけているという。

入社してすぐに担当した案件は高知県の3ヵ年の仕事だった。たくさんの先輩方の御指導のもと、右も左もわからぬまま体力勝負の勢いに任せて突っ走った。何とか完成できた時、嬉しさが全ての苦労を吹き飛ばしていた。それから20年余り、し尿、浸出水、下水とそれぞれ趣の異なる設計業務に従事してきた。最近はグループのメンバーと一緒に技術の応用である、特許や新技術への挑戦機会も増えていて手応えを感じている。もちろんそれぞれの場面で苦労することは山ほどあるが、完成時の嬉しさで吹き飛んでしまうという。

仕事をしていると分からないことや、困ったことが毎日のように溢れ出てくる。そういう時、同僚はもちろん他の部署や先輩後輩にも気軽に相談しやすい空気がある会社だと断言する若菜。「入社して20年余り経ちますが、私自身いつも周りの方々に助けていただいていますから、この空気は水ingの伝統なんだろうと感じています。この空気感を繋いでいきたいと思っています。」社員一人ひとりが真剣に仕事に取り組める環境が水ingにはそなわっている。

設計部門のその他の先輩社員

様々な経験や知識をフル活用して問題を解決するやりがい

民需技術部 小沼 (こぬま)

【入社年】2011年 【専攻】化学

Q1.現在の業務内容とやりがいを教えてください。
民間企業向けの水処理設備の設計を行っています。処理プロセス、機器・配管配置の決定から試運転まで設計に関わる様々な業務を行います。私の部署では浄水場や下水処理場などと違い、お客様の工場によって処理プロセスが異なり、お客様のニーズに合わせて最適な処理プロセスを提案します。答えが1つではなく、様々な知識や経験をフル活用して問題を解決することにやりがいを感じます。多くの困難がありますが、自分で設計したプラントが実際に稼動したときの達成感は忘れられません。

Q2.水ingの雰囲気や企業風土について教えてください。
私が水ingに入社して感じたのは、良い意味で上下関係を感じさせないコミュニケーションを取りやすい会社だということです。仕事は1人で出来るものではなく、社内・社外と多くの人と関わります。その中でプラントでは機械・電気・土木建築等さまざまな知識が必要になってきます。若手社員の私にはこうした知識・経験が不足していますが、水ingには各分野のスペシャリストが揃っており、上司や20歳以上離れたベテランの方にも相談に乗ってもらえる雰囲気が気に入っています。

民需技術部 小沼 (こぬま)

学生時代に学んだ電気工学の知識をフルに生かせる環境

電気計装技術部 中野 (なかの)

【入社年】2012年 【専攻】電気工学

Q1.現在の業務内容とやりがいを教えてください。
私は主に最終処分場浸出水処理施設及びし尿処理施設の電気計装設備設計を担当しています。プロセス設計から提出される各処理工程での機器運転方針を考慮しつつ機器の電気的な制御を行う制御盤の構成や受電から負荷までのシステム構成、場内の配線方法・ルートを考え設計することが主な業務となります。また施設完成後は試運転を行います。自分が設計した通りにプラントが作られ動いた時は、それまでの苦労を忘れる程の喜びと達成感を感じます。

Q2.現在の仕事に、学生時代の経験がどのように役に立っていますか。
学生時代には実習等で多くの失敗をしていましたが失敗から学ぶことは多くあります。どうするとどのような状態になるからやってはいけない、などを身をもって体験したことが現場に出て役に立つと感じています。また実際の設計では、プラントで電気的な事故(回路の短絡等)が発生した場合に回路がどのような状態に晒されるかを計算し、規定通りの条件で回路が損傷しないように設計します。計算は学校の授業で学んだ内容の応用となりますので学生で学んだことがかなり役立っていると感じます。

電気計装技術部 中野 (なかの)

循環型社会の現実に大きく携われる喜び

資源化技術部 増山 (ますやま)

【入社年】2013年 【専攻】土木工学

Q1.現在の業務内容とやりがいを教えてください。
し尿処理プラントの解体・新規建設工事の設計業務を担当しています。担当している施設は水処理で発生する汚泥から、枯渇の懸念がある資源「リン」を回収するシステムを有しています。さらに、そのリンを用いた肥料化も検討されています。環境や生活を守る水処理の機能を持つだけでなく、廃棄物から有価物を生み出す循環型社会の形成に役立つ施設です。このように市民生活への密着と時代の要望に応えることを通して、大きく社会に貢献していると感じられることが私のやりがいです。また、多くの人が関わり、一つのプロジェクトを成功させていく中で、若手であっても多大な責任を持たせてもらえることが大きな喜びとなっています。

Q2.今後の目標を教えてください。
水ビジネスは国内外問わず、必須のインフラであり、また時代のニーズに沿うため、今なお成長市場であると言われています。新しいビジネスモデルを作り上げられる余地が多分にあります。私は、まず社会人として、また設計士として一人前になることが急務と考えています。そして、いずれは持ち得た技術をバックボーンに、新たなビジネスチャンスを探り、過去にない市場の流れを構築できるよう戦略を練り、実行できる人材になりたいです。

資源化技術部 増山 (ますやま)

その他部門の先輩社員

採用情報メニュー

  • 株式会社荏原製作所
  • 三菱商事株式会社
  • 日揮株式会社
  • 株式会社水みらい広島
  • 採用情報
  • 荏原環境プラント株式会社

PAGE TOP

PAGE TOP