TOP MESSAGE

社長から皆さんへ

代表取締役社長
水谷 重夫

「新・水時代」を迎えた今、
水ingが目指すこと

水を取り巻く事業環境は、今、大きな転換期を迎えています。日本の水インフラ事業は、2010年を境に人口減少社会に転じ、料金収入の減少、運転技術者の不足による技術継承問題に加え、老朽化施設の更新など、多種多様な課題が顕在化しています。
直面する課題を解決し、水インフラを安心・安全で持続的に成長させていくには、公の経験知見と、民間企業の経営ノウハウや技術力の融合が重要です。日本再興戦略でコンセッションの推進が提唱されるなど水インフラ事業を取り巻く環境が大きく変わりつつある中、私たち水ingの果たす役割と責任は益々大きくなっています。
水ingの強みは、水に関するあらゆる機能を保有し、長年培ってきた技術やノウハウと、広範なネットワークで、お客様のニーズに最適なソリューションを提供できる「総合力」ですが、コンセッションなどの事業運営を担うためには、それだけでは足りません。公会計・財務、料金徴収、管路管理、ICT、通信技術などの新たな分野への対応力や提案力を強化しなければなりません。
水ingは、80年以上にわたり、日本の水インフラを支え続けてきましたが、これからも事業を継続していくためには、これまでに取り組んだことがない未知の分野で、新たな経験や知見を蓄積していく必要があります。

当社へ入社されましたら、水・環境に限らず、様々な分野にも興味・関心を持って勉強してください。また、失敗を恐れず全力でチャレンジをして下さい。知識の蓄積や身体で覚えた多くの経験は、次の成功に繋がり、事業を成長させるからです。
水ingは丁寧な育成体制とサポートで、皆さんの挑戦を全力で応援します。
「新・水時代」を支えるのは皆さんです。「水を通じて世の中を変えていきたい。」という志(こころざし)を持つ学生さんと、是非、一緒に豊かで潤いのある社会づくりにチャレンジしたいと思っています。
皆さんの水ingへの入社をお待ちしております。