09
IoT
INTERNET OF THINGS

水事業の次なるステージ。

水事業×IoTと聞いて何を想像しますか?水インフラには、流入水質の変動や薬注率、点検頻度、老朽化状況、回転数、熱、振動、音などビックデータが溢れています。水ingにはこれらのデータを収集できる300カ所以上の維持管理拠点があります。今後は収集したデータ間の因果関係を解析し、点検省力化や取水から配水までの水道運用の最適化を目指します。全ての因果関係が見えてくる時、水ingのデジタル構想はさらに進化します。